社会福祉法人 法友会 いまづ保育園
保育園だより
7月の給食だより

 見上げれば紺碧の空、まわりはすっかり夏色です。楽しみにしていた夏のイベント、お祭り、そしてオリンピック。長引くこの不況のなか、それぞれの場所で頑張っている人たちへエールを!この夏が思い出に残る素晴らしい夏になることをを願って。


食中毒に気を付けましょう!

梅雨から夏にかけて蒸し暑くなるこの時期は、細菌による食中毒が起きやすくなります。ポイントを押さえ、家庭でも食中毒を予防しましょう。

①菌をつけない
◇ペットにふれた後、調理や食事の前、生の肉や魚・卵を触った後などは、石けんを使って手をしっかり洗いましょう。
◇加熱前の肉や魚と、火を通さない野菜等は、買い物から持ち帰る時や冷蔵庫内でお互いがつかないように分けて保管しましょう。
◇包丁やまな板、ふきん等は、熱湯や塩素剤でこまめに消毒しましょう。

②菌を増やさない
◇常温に置く時間を短く
細菌は30℃~37℃付近で特に増えやすくなります。買い物から持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫・冷凍庫に入れましょう。また、冷蔵庫の詰めすぎにも注意が必要です。目安は7割程度です。

③菌をやっつける
◇しっかり火を通す
表面だけではなく、食品の中心部まで十分に加熱しましょう。電子レンジを使用する場合は、均一に加熱されているか確認することも大切です。

夏野菜をたくさん食べよう!

きゅうりやトマト、ナスやすいかなどの夏野菜には、ほてった体を冷やし十分な熱をとってくれる作用があります。また、ピーマンは血液をサラサラにしてくれます。先日、トマトの観察画をすばる組の子ども達が描いていました。大きなトマトや真っ赤なトマト。特にヘタの部分の描き方が秀逸でした。
思わずかじりたくなるようなトマトたち。小さな画伯たちの誕生です。


    
保育園概要・保育方針
Copyright (c) 2008 IMADUHOIKUEN. All Rights Reserved.